フリーのかたち

IT業界での近年の独立事情に肉薄

将来有望な職種とは?

IT系エンジニアの中で、将来性の高い職種とは何だろうか。
近年は働き方のダーバージェンス化により、プログラマーなどはさほど目新しい職種ではなくなり、プログラムを打てるというだけでは仕事の受注は難しくなってきている。また、ITの広がりによって完全に新たな技術を構築することも難しい状況で、各事業はどのようにして独自性を打ち出すのかに苦慮している状況だと言えるだろう。
少し前までは、グローバルネットワークの拡大から情報をいかに守るのかがIT事業における課題だった。しかし、近年はこの「独自性」が重要なキーワードとして認識されるようになってきている。したがって、既存の技術やネットワークを用いながらもそれぞれの事業に即した独自性をいかに盛り込むのかといった業務に携わることで、最も高い将来性を見込むことができるのだ。

そのような視点で見た場合、近年では「エンベデッドエンジニア」が最も将来に展望を望める職種であると言えるだろう。
エンベデッドエンジニアは一般に、システムエンジニアが設計したシステムを、実際にどのようにソフトウェアやLSIに落とし込むのかという仕事を行う。設定された枠組みの中で、機能的で独自性を持った実際的なシステムを構築するのがエンベデッドエンジニアの役割になる。

上記のようにIT事業では独自性が重要視されるようになってきているため、このエンベデッドエンジニアの重要性も高まってきているのが現状だ。しかし、まだまだES資格を持った人材は不足している状況であり、現状フリーランスでもエンベデッドエンジニアであればIT事業に深く関わることも可能だろう。