フリーのかたち

IT業界での近年の独立事情に肉薄

IT系フリーランスの年収事情

フリーランスエンジニアの年収は、その人がどんなスキルを持っているのかによって違ってくる。また、会社や職種によっても違ってくるのは当然のことだろう。

たとえばエンベデッドシステムスペシャリストや情報セキュリティスペシャリストという最難関の情報処理系資格を持っている人たちなら、月収100万円以上で働いているケースもある。これらは高度情報処理技術者試験と呼ばれるものであって、情報処理技術者試験センターによってスキルレベル4の認定を受けている難関資格である。
現状ではIT業界の中でもトップレベルに難しいものであって、こうした資格を持ちながらフリーランスで働いている人も多いのだ。このレベルの資格を持つ人なら、派遣でも十分に稼いでいけるだろう。年収1000万円も決して夢ではない。

しかし、逆にほとんど有効なスキルを持たないフリーランサーもいるのがIT業界の特徴である。
簡単な仕事であれば特に資格が必要とされていないという業界の特質もあり、素人同然の人たちがフリーランスとして活動している。そしてその数は、年々増加しているのが現状だ。
このような人たちの場合は、年収が200万円以下になることも珍しくはない。
請け負える案件に単価の安いものしかなく、しかもライバルとの競争も激しい。したがって、どうしても年収は伸び悩んでしまうわけだ。いわゆるワーキングプアという人たちが多いというのも、IT業界の特徴の一つだろう。
しかし、そうした人たちも、やり方次第で年収を上げることができる。
例えば「フリーランスで活躍するならこの職種」に書かれているようなことを心掛けていれば、高収入を得ながら活躍するのも夢ではないだろう。